持っている物件を高く売ろう【不動産売却は業者に頼ろう】

住宅購入までの流れ

つみき

予算を立ててから探す

マンションや戸建てなどの住宅購入の時には、不動産そのものの価格の他に、様々な諸経費が発生します。あとで支払いが大変にならないように、事前に予算を立てておくことが大切です。宇治市で住宅を購入するなら、「住宅の購入費用、諸経費、引越い代」をプラスして総予算を立てます。総予算のうち、諸経費や引越し代だけでも10%はかかります。また、住宅購入の頭金や諸経費や引越し代は自己資金から支払うことになるので、現金は確保しておくことが大事です。予算を立てたら、予算内で購入できる住宅を探します。宇治市の住宅は、地元の不動産会社で売り出していたり、あるいは地元の情報誌などに沢山掲載されています。宇治市に住んでいなくても、ネットがあれば、宇治市の不動産情報を検索できるので便利です。予算内で購入できるお気に入りの住宅が見つかったら、購入の申し込みをしてから売主と売買契約を締結します。売買契約では手付金が必要です。手付金は購入する住宅の費用で違いますが、だいたい住宅価格の5%程度が目安です。それ以外に、不動産会社の媒介で売買契約が成立すると仲介手数料が請求されます。残りの代金を決済するために、金融機関で借入金の申し込みをする必要があります。審査の結果が分かるのは、申し込みをしてから二週間〜一ヶ月程度です。審査に通って融資が決定したら、借入金で代金をすべて納めて住宅の引き渡しを受ければ、売買は滞りなく終わります。